老眼鏡をかけると老眼が進行するって本当!?

老眼は加齢による細胞の衰えが原因です。

老眼鏡をかけても、かけなくても進行は止められません。

老眼

しかし、加齢によると言っても進行を遅くすることは可能です。

 

眼鏡の使用は、生活のクオリティーを保つために必要な事であり、老眼が進むとか、進まないためになどを使用の判断基準にすることは間違っています。

 

老眼かなと思い始めるのは、新聞を読んでいるときなどに、無意識に体がそっていたりすることで気づきます。

眼球レンズを厚くしたり薄くしたり調節する筋力が加齢によって弱まって、焦点距離が遠くなるなるからです。

 

このことから、老眼の速度を遅くするためには、毎日少しの時間でいいので、顔を動かさないで、「遠くを見て」「近くをみて」「右を見て」「左をみて」、この目の運動を繰り返すことです。

なにもしない人と、この目の運動を繰り返す人とでは大きな違いがあります。

 

読書はもとより、運転など、毎日の生活の中で目は重要な器官です。

視力が落ちることは、生活のクオリティーに大きな影響を与える事を実感している人は少なくないでしょう。

 

多くの人は50代後半から60代になって老眼を意識するようになりますが、早い人では40前半から気になり始める人もいます。人によって出現の仕方は違います。だれもが避けられないものです。

生活の中で上手につき合うためには眼鏡の使用は避けられません。

 

最初は緩い度数のものから使用を始めますが、あまり神経質にならないで付き合うことが大切です。

眼鏡をかけると老眼が進行することはありません。

視力の調整は必要です。

コメントは受け付けていません。