コンタクトでドライアイになってしまった時には

仕事でパソコンを長時間見続けたり、少しの空き時間もスマホの小さな画面を眺めていたりと・・・

とかく現代人の目は酷使されがちです。

コンタクト

その上、コンタクトの使用などで、ドライアイになってしまった場合、もし、眼科医に行っていないのであれば、きちんと医師の診察を受けたうえで、コンタクトレンズの種類や使い方を考え直すなりと、対策を考えてみましょう

 

ソフトコンタクトは、使用感はよいのですが、乾燥も起こりやすいので、場合によっては、ハードコンタクトや、メガネへの変更を提案される場合もあります。

それと同時に、ドライアイになると、瞳が傷つきやすい状態になりますので、目薬であったり、専用の洗浄液であったりで、定期的に点眼や洗眼をする事が大切になってきます。

 

ソフトコンタクトの場合、瞳が乾いてくると、レンズが貼りついて不快になってくる感覚があるかと思います。

そういった際に、こまめに点眼をするとよいと思います。

点眼についてですが、目の乾燥が進んでくると、それだけ、瞳がデリケートになりますので、清涼感のあるスーッとする目薬も気持ちが良いのですが、ドライアイ対策用であれば、清涼感のあるタイプの目薬よりも、涙液に近い、防腐剤などの添加物が入っていないものがよいと思います。

物によっては、小さなパッケージごとに個別包装された、1回使い切りタイプの物もありますが、1回で使い切れないとしても、保管しての再使用はしないほうがいいと思われます。

ドライアイはなったからと言って、努力をすれば改善していくものですので、あまり悲観的にはならず、かといって、瞳は酷使せず。

目はあなたの大切な体の一部として大切に付き合っていきましょう。

コメントは受け付けていません。