ルテインの効果効能について

ルテインとは人間の体において目に作用する成分です。

目

紫外線や可視光線から発生する青白色の部分を吸収してくれるため、眼球内の様々な組織を保護する役割を果たします。

今日ではパソコンやスマートフォンなどの見すぎによって目を酷使している人が多い傾向にあります。

特にスマートフォンは今子どもからお年寄りまで様々な世代が日常的に利用しており、事態は深刻化しています。

これらから出る有害な青い光を防ぐために「ブルーライトカット」のメガネなどが販売されていますが、それも100%目を守ってくれるという万能なものではありません。

そのためこの有害な光を吸収してくれるルテインは目を守る上でとても大切なのです。

 

またルテインには強い抗酸化作用があるため、水晶体や網膜などの目の組織が酸化するのを抑えてくれるのです。

つまり目の病気をはじめとし、視力の低下、眼精疲労など目にまつわる様々なトラブルの予防・改善には欠かせないと言われている成分なのです。

 

このルテインは体内で生成されることはありません。

そのため食べ物など外から摂取する必要があります。

多く含んでいる食材としてあげられるのは緑黄色野菜です。

またグレープフルーツやブルーベリーなどの様々なフルーツにも含まれています。

 

こうして日頃から摂取することも可能なのですが、不足することが心配である人にはサプリメントで補給するのも1つの手です。

商品によって濃度などが異なるため、サプリメントではありますがきちんと服用のルールを守ることが大切です。

また、ルテインとともにゼアキサンチンを一緒に摂取すると目に対しての効果が高くなることが分かりました。

参照:http://ルテイン・ゼアキサンチンサプリ.com/

 

コメントは受け付けていません。