食事で目を救う!目にいい食べ物を知ろう

昔と比べ目を酷使する環境になっている事から、眼精疲労に近眼や老眼など様々なトラブルを抱える方も多くなっています。

特に白内障や緑内障は深刻なトラブルにもなっているので、普段から目の健康を考えた生活習慣にしたい物ですが、パソコンやスマホなど必然となっているので中々改善は出来ません。

出来るだけ酷使しないようにする事が大切ですが、目の健康に効果のある食事をする事でも病気のリスクは減少します。

 

ではどんな食事がいいのかと言うと、まず眼精疲労に効果のあると言われる紫の色素であるアントシアニンを多く含んでいるブルーベリーは、多くの方に認知されて人気の食品となっています。

ブルーベリー

 

次に紫外線から目を守り黄斑変性や白内障予防に効果が期待出来るルテインや、粘膜を健康に保ちドライアイの症状を改善させてくれるβカロテンを豊富に含むホウレンソウも人気の食材です。

ホウレンソウ

 

また、目を老化から守ってくれて近視や老化に眼精疲労に対して効果を期待出来るアスタキサンチンは、老化に対する効果はβカロテンの40倍もあると言われています。

このアスタキサンチンは鮭に多く含まれているだけでなく、イクラにも多く含まれているので積極的に食事に取り入れる事で効果を発揮出来ます。

鮭

 

他にもビタミンAは目の健康に欠かせないと言われていて、ビタミンAを多く含む食品はレバーやウナギにアンコウの肝などがあげられます。

レバー

 

またホウレンソウにも多く含まれていて、ルテインやβカロテンも多く含まれているのでホウレンソウのお浸しや卵と絡めて炒めても美味しく目の健康に役立ちます。

 

コメントは受け付けていません。